ナマポ生活保護講座

【貸付?購入?壊れた時は?】生活保護でエアコンを使う方法を解説します!

 

ナマポ太郎

こんにちは!ナマポで生活しているナマポ太郎です!

今回は、生活保護で快適なエアコン生活をする方法について解説します!

 

エアコンが壊れて困っている人はコチラまで読み飛ばして下さい!

 

生活保護でもエアコンを使えます!

 

ナマポ太郎

気になる人もいると思うので、まず最初にハッキリさせておきます!

生活保護でもエアコンは禁止されていません!

 

 

実は、昔は生活保護でエアコンを使えませんでした。

 

エアコンが出回る前の時代だったからか、エアコンはぜいたくだと思われていたようです。

 

 

しかし、エアコンは夏と冬に健康的な生活をするために絶対に必要な道具ですよね。

 

暑すぎると熱中症になりますし、今ではエアコンが禁止だなんてありえません。

 

 

ただ、今でも「生活保護はエアコンを使えない」とカン違いしている人がいます。

 

そういう人には、「今は使えますよ~」と教えてあげましょう。

 

 

ナマポ太郎

それでは本題に入ります!

生活保護でエアコンを買う時や、「貸付(かしつけ)」についてのお話です!

 

 

普通はエアコンを買わなくてもOKです!

 

ナマポ太郎

借りたお部屋にエアコンがあったらそのまま使えばOKです。

しかし、エアコンが無かったときは新しく買わなければいけません。

 

 

生活保護になると、どこかのお部屋を借りることになると思います。

 

普通はその部屋にエアコンが置いてありますが、たまに無いところもあります。

 

エアコンが無いところに引っ越した時は、エアコンを自腹で買わなければいけないのです。

 

 

エアコンが無いお部屋なんてそうそうありませんが、たまにそういうお部屋もあります。

 

エアコンが無いお部屋を借りたときはエアコンを買い足すだけで数万円もかかったりします。

 

 

生活費を節約すればエアコン代をためることもできますが、正直かなりキツいですよね。

 

できればお部屋探しの時にエアコンがあるお部屋をちゃんと選びたいところです。

 

 

ナマポ太郎

エアコンが無いお部屋は時代遅れなので地震ですぐ崩れそうですよね。

家賃は役所が払ってくれるのでちゃんとしたお部屋を選ばせてもらいましょう。

 

 

生活保護でエアコンを買ってもらえる時

 

ナマポ太郎

実は、熱中症になりやすい人は役所にエアコンを買ってもらえます!

熱中症になりやすい人とは、高齢者とか子供とか病人とかです!

 

 

エアコンは熱中症の予防のためにとても大切な道具です。

 

なので、熱中症になりやすい老人子供がいるなら役所がエアコンを買ってくれます。

 

 

若い人でも、障害病気の人はお医者さんに診断してもらえばエアコンを買ってもらえます。

 

健康的な生活をするためにはエアコンが必要なので、これは当たり前ですね。

 

 

そこまで良いエアコンは買えませんが、5万円くらいまでなら出してくれます。

 

5万円あればそこそこのエアコンが買えるので、暑さにも寒さにも困らない生活ができるはずです。

 

 

ナマポ太郎

しかしこれは逆に言うと、「若くて健康な人は自腹で買え」ということです。

まあ、暑いお昼間は涼しいお店や図書館で休んだりもできますがね。

 

 

エアコンの「貸付(かしつけ)」について

 

ナマポ太郎

「貸付」とは、かんたんに言うとお金を貸してもらうことです。

この場合はエアコンを買うために社会福祉協議会という団体からお金を借りることですね。

 

 

生活保護でお金がなく、若くて健康な人がエアコンを買うためにはお金を借りなければいけません。

 

その時に社会福祉協議会から借りるお金のことを、「貸付金(かしつけきん)」と呼びます。

 

 

そして、その貸付金でエアコンを買うことを「エアコンの貸付」みたいに言ったりします。

 

エアコンを借りるのではなく、エアコンを買うためのお金を借りるのが「貸付」ですね。

 

 

生活保護では、役所以外からお金をもらうともらった分だけ役所に没収されるというルールがあります。

 

しかし、この貸付金は没収されないので気にせずに借りられます。

 

 

ナマポ太郎

「貸付」は、若くて健康でお金が無い人でもエアコンを買える仕組みです。

社会福祉協議会は「社協」とも呼ばれていて、お金に困っている人にお金を貸してくれるようです。

 

 

いろいろと難しそうなことを話しましたが、役所に言えばその社会福祉協議会につないでくれます。

 

役所で「生活保護を受けていてエアコンを買いたいけどお金が無いです!」と言えばOKです。

 

 

そこで役所がちゃんと対応してくれなかったら、相談できるところに相談しましょう。

 

生活保護で何かあった時に相談するための方法はこちらのページにまとめてあります。

 

 

ナマポ太郎

役所の人がダメな人だったら、使えるサービスも使えないと言われてしまったりします!

しかし、ちゃんとした人に相談すればなんとかなるのであきらめてはいけません!

 

 

生活保護でエアコンを「修理」するとき

 

ナマポ太郎

生活保護でエアコンが壊れた時、その修理代は役所が全部払ってくれます!

役所に「エアコンが壊れた」と言えば修理してくれますよ!

 

 

若くて健康な人がエアコンを買う時にはお金をくれませんが、こわれたエアコンの修理は無料です。

 

年齢や健康、性別に関係なくエアコンの修理は無料なので壊れたら役所に言いましょう。

 

 

エアコンの修理は、自分で会社を選ぶんじゃなくて役所に全部任せた方がいいです。

 

エアコン修理の会社にはアヤしい会社が多くて、めちゃくちゃ高いお金を取られたりします。

 

 

もしそうなったらけっこう面倒なことになるので、最初から役所に任せましょう。

 

もしものことがあっても役所の責任になるので、役所に丸投げするのが正解ですね。

 

 

ナマポ太郎

エアコンが壊れたとしても、生活保護なら「タダで修理してもらう権利」があります!

面倒なことや危険なことは役所に任せればOKです!

 

 

生活保護のエアコンの上手な使い方

 

ナマポ太郎

生活保護の人のためにエアコンの上手な使い方を紹介します!

エアコンを使うときのちょっとしたテクニックです!

 

 

まず大事なのは電気代の節約です。生活保護ではエアコン代もタダですが、使った分だけ役所からお金が出るわけではありません。

 

「エアコンには大体これくらいかかるだろうな」という予想から決められたお金が保護費にまとめられているんですよね。

 

 

なので、ムダに付けっぱなしにすると毎月使えるお金が減ります。節約はとても大切なのです。

 

冬は服を着たり夏は扇風機を使ったりすればエアコンを使わずに節約できることもあるので工夫しましょう。

 

 

あと、付けっぱなしの方が電気代を節約できると言われたりしますがこれはほぼ間違いです。

 

コンビニの買い物くらいなら付けっぱなしでいいですが、1時間以上戻らないのなら消しておきましょう。

 

 

ただ、逆に節約のためにエアコンをケチりすぎるのもダメです。

 

暑かったり寒かったりして疲れたり、体調が悪くなった時はエアコンを使いましょう。

 

 

ナマポ太郎

節約は大事ですが、暑さや寒さで快適じゃない時や作業に集中できない時はエアコンを付けましょう。

冬に風邪っぽい時とかは、ちょっと寒いなと思うくらいでも部屋をあたたかくした方が良いです。

 

 

まとめ

 

ナマポ太郎

エアコンは健康的な生活のために必要な道具です!

なので、生活保護ではエアコンについてはいろいろ助けてくれます!

 

 

生活保護では、エアコンが無い老人や病人にはエアコンを買ってくれます。

 

生活保護でお金を借りるのは難しいですが、エアコンを買うためなら普通に借りられます。

 

 

また、役所に言えばエアコンの修理を無料でやってくれます。

 

エアコンが急にこわれてしまって困った時は役所に言えばOKです。

 

 

それと、エアコン代は使った分だけ出してくれるわけではないのでムダづかいには注意しましょう。

 

上手く節約すればエアコン代を食費や趣味に回すことができます。

 

 

ナマポ太郎

生活保護でもエアコンを使う「権利」があります!

いざという時のためにも、その権利の使い方をちゃんと覚えておきましょう!

 

レッツ生活保護!

1

  ナマポ太郎 このページでは生活保護を受けるための無料相談をする方法を紹介します! 生活保護を受けている人が困った時にも相談できますよ!       生活保護 ...

-ナマポ生活保護講座